有吉弘行の家族構成!父親や母親の職業は?兄弟についても調査!

お笑いタレントとして活躍するほか、司会業なども数多く務める有吉弘行(ありよし ひろゆき)さん。

そんな有吉弘行さんですが、どんな家庭で育ったのか気になりますよね。

この記事では有吉弘行さんの家族構成や両親について紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

有吉弘行の家族構成図

有吉弘行は4人家族

有吉弘行さんは、4人家族です。

父親:有吉博文(ありよし ひろふみ)

母親:有吉きみ(ありよし きみ)

長男:有吉弘行(ありよし ひろゆき)

次男:有吉隆浩(ありよし たかひろ)

ご両親と兄弟2人という家族構成です。

有吉弘行さんは2人兄弟の長男なんですね。

有吉弘行の実家は広島県安芸郡熊野町

画像引用元:Yahoo!ニュース

有吉弘行さんは、広島県安芸郡熊野町で育ちました。

そんな有吉弘行さんは幼少期から様々な体験をしており、走り回ったら階下に住む女性が包丁を持って怒鳴り込んでくる6歳まで父親の方針で幼稚園に通わせてもらえなかったという衝撃エピソードが語られていました。

今となっては笑い話になるかもしれませんが、当時は非常に大変だった様子が思い浮かびますね。

有吉弘行の父親はどんな人?

父親のプロフィールや顔画像は?

画像:イメージ画像

プロフィール

名前:有吉博文(ありよし ひろふみ)

生年月日:1940年生まれ(推定)

没年月日:2010年(70歳没)

有吉広行さんの父親の名前は、有吉博文さんです。

そんな父・博文さんは脳梗塞が原因で、2010年に亡くなっています。

父親の職業は?

父親の職業は、不明です。

「お父さんはあまり仕事が好きな人じゃなかったけ。麻雀ばかりやっとった。お母さんがよく働いとったね」

引用元:女性自身

父・博文さんは一部で『広島県の伝統工芸品である熊野筆の工場を経営している』と噂されていますが、有吉弘行さんがこれを否定

さらに近所の住民な話によると『お父さんはあまり仕事が好きな人じゃなかった』と語っていることから、定職に就いていなかった可能性も考えられます。

父親のエピソード

有吉弘行さんは、父・博文さんの死に目には仕事のため会うことが出来なかったとのこと。

さらに葬儀にも参加できず、結局帰省することが出来たのは亡くなってから1週間後でした。

そんな有吉弘行さんは帰省したとき、仏壇の隣に置いてあった父・博文さんのお骨の前に座って、長い時間じっとしていたそうです。

もしかすると亡くなった父・博文さんと、心の中で語り合っていたのかもしれませんね。

有吉弘行の母親はどんな人?

母親のプロフィールや顔画像は?

画像:イメージ画像

プロフィール

名前:有吉きみ(ありよし きみ)

生年月日:非公表

年齢:非公表

職業:元職人

有吉広行さんの母親の名前は、有吉きみさんです。

そんな母・きみさんも一般人であるため詳細なプロフィールは明かされていませんでした。

母親の職業は元職人

母親の職業は、元職人です。

2011年8月18日、ファンから有吉の出身地の広島県安芸郡熊野町の名産品「熊野筆」について質問され、「母が元職人です」と返答。

引用元: Smart FLASH

母親は『熊野筆』という広島県の伝統工芸品の穂先を造る内職をしていたとのこと。

世界的に注目される伝統工芸品の制作に携わっていたのは、かなりすごいことですよね。

母親のエピソード

有吉弘行さんは母・きみさんに食べ物を送った際、メールで『しね』と送られてきたことがあったといいます。

しかし実は母・きみさんはメールを覚えたばかりだったそうで、文面をよくみると『もらったあれ たべたしね』となっていたそうです。

そのため『食べた』で改行してしまったことで、次の行が『しね』だけになっていたことを明かしていました。

最初は憤慨していたそうですが、メールに不慣れな母・きみさんが一生懸命返してくれたおとを想像し、『練習してくれてえらい』と感謝していた様子を見せています。

有吉弘行の弟はどんな人?

弟のプロフィールや顔画像は?

画像引用元:ナタリー

プロフィール

名前:有吉隆浩(ありよし たかひろ)

生年月日:1978年生まれ(推定)

年齢:46

職業:花屋

有吉弘行さんの弟の名前は、有吉隆浩さんです。

そんな弟・隆浩さんは2017年に放送のテレビ番組『有吉弘行の田舎発見バラエティ!「明日あいたい島村さん」』に出演し、兄弟2人の姿を披露していました。

弟の職業は花屋

弟の職業は、花屋です。

弟・隆浩さんは2013年に地元の広島県で花屋をオープン。

当時は空花詩土(ソラシド)という名前の店名で経営していましたが、現在は有吉花店に変更して営業しています。

弟のエピソード

有吉弘行さんは弟・隆浩さんとの関係について、『いくつになっても僕にとって召使いみたいなもんですよ』と、幼少期から上下関係がはっきりしていることを明かしていました。

「「45つ離れた弟なので、いくつになっても、僕にとって“召使い”みたいなもんですよ。向こうは怖くてしょうがないんじゃないですか、いい歳になっても(笑)」と弟との関係性を明かし「別にどこも行かないし、特別に口もきかないし…ロケ終わったからって、“召使い”とわざわざ口きかないですよ。(弟は)車でとぼとぼ実家の方に帰っていきましたよ(笑)」と淡々とした様子で明かしている。

引用元:ORICON NEWS

大抵は大人になれば対等になる兄弟姉妹が多いと思うものの、現在もその上下関係がはっきりとしているのは、まだ有吉弘行さんのことを怖いと感じているのかもしれませんね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次