【家族構成図】林芳正の子供は2人で嫁は山口大学院教授の林裕子!

自由民主党衆議院議員であり、新たな官房長官に任命されたことで有名な林芳正(はやしよしまさ)さん。

この記事では林芳正さんの奥さんや子供について詳しく紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

林芳正の家族構成図

林芳正は4人家族

林芳正さんは、子供2人の4人家族です。

林芳正

妻:林裕子(はやしゆうこ)

長女:林温子(はやしあつこ)

次女

妻と子供2人という家族構成なんですね。

林芳正の嫁は大学院教授

嫁のプロフィールや顔画像は?


画像引用元:自民党山口県支部連合会

林芳正さんの奥さんは大学院教授です。

プロフィール

名前:林裕子

生年月日:1966年2月18日

年齢:58歳

職業:大学院教授

所属:山口大学 大学院技術経営研究科 教授 (教授(特命))

学歴:東京大学医学部保健学科

嫁の職業は大学院教授

嫁の職業は、山口大学の大学院教授です。

裕子さんは外務大臣夫人でもあり大学院の教授でもあります。

また、コロナ禍の社会で科学技術をどう使えば変革を起こせるか政策のあり方を研究され、SDGsの意識調査など論文も多く、日本学術会議の連携会員でもあります。

    • 1984年4月~ 1986年 東京大学教養学部理科2類 入学
    • 1986年4月~1988年 東京大学医学部保健学科
    • 林芳正さんと結婚後、マサチューセッツ工科大学のCenter for Adovanced Enginerring Studyの研究員となる
    • 1994年 マサチューセッツ工科大学(MIT)Technology and Policy Programにて、理学修士を取得する
    • 2006年:東京大学大学院工学系研究科先端学際工学にて、博士(学術)を取得する

    裕子さんの実家は大阪の内科の開業医で、京都で190年前から続く代々医者の家系なんだそうです。

    東京大学医学部保健学科ではコンピューターを使った医療統計学を学んでいたようです。

    そしで、林芳正さんの選挙活動にも参加され政治家の妻としても活動されています。

    裕子さんはご結婚後も様々なところでご活躍されています。

    ご自身の仕事をしながら夫である林芳正さんのサポートもしっかりされているんですね。

    2人の馴れ初めは妹の親友

    お二人のこれまでの時系列です。

    1986年:出会い
    1990年:結婚

    1989年の大学卒業後すぐの1990年に入籍されご結婚したそうです。

    馴れ初めは林芳正さんの妹の親友


    画像引用元: trend NEW blog 

    林芳正さんの妹の千恵子さんと、妻の裕子さんは東京大学時代の同級生で親友だったんだそうです。

    そのことがきっかけで交際・結婚に発展したんだそうです。

    林芳正の長女は弁護士?

    長女のプロフィールや顔画像は?


    画像引用元:早稲田ウィークリー

    プロフィール

    名前:林温子

    生年月日:1994年5月

    年齢:30歳

    職業:弁護士?

    学歴:早稲田大学院法務研究科卒業?

    娘の職業は弁護士?

    子供の職業は、弁護士?です。

    2016年に開催された『大学早稲田ウィークリー新しい倫理を考えるWeb醸模擬裁判開廷 後編』に「林温子」さんと記載されていました。

    早稲田大学法学会の後援で2年に一度、模擬裁判を開催。

    [参加メンバー]後列左から原告チームのアドバイザーを務めた早稲田大学大学院法務研究科の辻野 真央さん、林 温子さん(2年)※模擬裁判実施時の学年を記載

    引用元:早稲田ウィークリー

    同姓同名であり、別人の可能性も否めませんがご本人であれば今頃弁護士になられているかもしれません。

    林芳正の次女はどんな人?

    次女のプロフィールや顔画像は?

    画像:イメージ画像

    プロフィール

    名前:非公開

    子供のエピソード

    林芳正さんの公式サイトには、長女の誕生日と名前のみ掲載されていて次女についての情報は一切ありませんでした

    1994年2月 ハーバード大学ケネデイ行政大学院 復学

    1994年5月 長女、温子誕生

    1994年6月 同大学院卒

    引用元:自民党山口県支部連合会

    そのため、本当に娘が2人いるのか疑う声もありましたが、妻の裕子さんがFacebookで次女の話をされていたことから存在は確定しています。

    「芳正が子どもの時におでこを継ってくれた先生、長女のおでこを継ってくれた先生(同じことをしている!(笑) )、長女の主治医の先生、次女の主治医の先生、私の長女出産の産・人科の先生、極めつけは芳正の祖父と祖母が亡くなる前にずっとお世話になった先生まで。

    引用元:Facebook

    長女の温子さん同様に一般人のため、名前や年齢なども公表していないのかもしれませんね。

    スポンサーリンク
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次