【家族構成図】松平健の嫁の職業は?子供は息子1人!

遠山の金さんやマツケンサンバで老若男女問わず人気がある松平健(まつだいらけん)さん。

この記事では松平健さんの奥さんや子供について詳しく紹介していきます。

目次
スポンサーリンク

松平健の家族構成図

松平健は3人家族

松平健さんは、子供1人の3人家族です。

松平健

長男:健太?

妻と子供1人という家族構成なんですね。

松平健さんには二度の離婚歴があります。

一度目は女優の大地真央さん。

引用元:週刊女性PRIME

舞台「風と共に去りぬ」で共演したことがきっかけ1990年に結婚されました。

当時、700人を招待して行われた東京・高輪プリンスホテルの豪華披露宴は、2億円挙式として大きく話題になりました。

離婚理由は明確になっていませんが、松平健さんに女性問題があったり大喧嘩したといったことはなく、7人兄弟の末っ子である松平健さんが大地真央さんに「母親」を求めたものの、仕事中心の大地真央さんにはそれが叶わず、次第に溝が深まったのではないか…との報道もありました。

お2人は2003年に離婚しました。

結婚から13年、芸能マスコミから「すれ違い夫婦」「仮面夫婦」と書かれ続けながらも離婚しなかった松平健と大地真央が、マスコミ各社にこんなFAXを送り、2003年12月26日に離婚届を提出していたと明かしたのは、翌2004年1月22日のことだった。

引用元:アサ芸プラス

2度目の結婚は、2005年でした。

お相手は元女優の松本友里さんで、2006年には第一子となる長男が誕生しました。

引用元:スポニチ

しかし、2010年に松本友里さんが産後鬱や母親の介護疲れなどが重なり、自ら命を絶ったことで結婚生活に終止符が打たれました。

俳優松平健の妻で元女優の松本友里(まつもと・ゆり、本名鈴木友里子=すずき・ゆりこ)さんが東京都目黒区の自宅で首をつって死亡していたことが15日、分かった。

警視庁碑文谷署は自殺とみて調べている。松平と結婚して5年、4歳の長男を残して自ら命を絶った友里子さん。同居していた実母が6月に亡くなり、周囲に「死にたい」と漏らしていたという

引用元:スポニチ

元妻の松本友里さんが自死された3年後の2013年から現在の妻である一般女性との交際を始められ、2015年に再々婚して現在も結婚生活を続けています。

松平健の嫁は一般人

嫁のプロフィールや顔画像は?

画像:イメージ画像

松平健さんの奥さんは一般女性です。

プロフィール

名前:非公開

年齢:松平健さんの10歳年下

嫁の職業は不明

嫁の職業は、不明です。

ご年齢が松平健さんの10歳年下とのことで、60歳を超えていらっしゃいますので恐らくお仕事は引退され専業主婦なのではないかと思われます。

お名前なども一般の方のため公開されておらずわかりませんでした。

妻は2度目の結婚で、子供もお孫さんもいらっしゃるそうなので松平健さんは再再婚したことでおじいちゃんになられたんですね。

2人の馴れ初めは共通の知人の紹介

お二人のこれまでの時系列です。

2013年:交際スタート
2015年:結婚

お子さんのことも考慮され、あまり騒ぎにはしたくないからとご結婚のことはごく親しい関係者にしか話しておらず、挙式・披露宴の予定は今のところないようです。

馴れ初めは共通の知人からの紹介


画像引用元:週刊女性PRIME

お2人は共通の知人を介して知り合いました。

長らく友人関係を続けていましたが、2013年頃より男女として食事をするような仲になり、お正月にハワイ旅行に出掛けるなどのデートを重ねて愛を育まれたそうです。

お2人のお付き合いはお子さん達も含めた家族ぐるみの付き合いとなり、2013年末から交際をスタートさせ2015年7月に婚姻届が提出されました。

結婚を決めた理由について松平健さんは「彼女と一緒にいると安心しましたし、彼女との関係は息子も喜んでくれました」と語っています。

松平健さんの息子さんがお母さんになって欲しいという気持ちが強かったことが一番の理由のようですね。

松平健の長男はどんな人?

長男のプロフィールや顔画像は?

画像:イメージ画像

プロフィール

名前:健太?

生年月日:2006年10月31日

年齢:17歳

子供のエピソード

一般人のため、写真などは見つかりませんでした。

お名前も非公開なのですが、ネットでは「健太」さんという噂が多く上がっていました。

松平健さんは芸名なのでそこから取ったという理由のようですが真相は定かではありません。

息子は再婚相手の松本友里さんとの子供で、松平健さんは松本友里さんが亡くなった後は悲しみに耐えながらも一人育児に奮闘されていました。

幼稚園に通い始めてからは、仕事で東京を離れているとき以外は、毎朝6時頃に起きてお弁当を作っていたんだそう。

時間があるときは迎えに行ったり、お酒を飲みに行っても息子が寝る前には必ず帰るようにするなど、息子との時間を大切に過ごされていました。

以前は「僕のお母さまは?」と母親のことをよく口にしていたようですが、いつからか「お母さまは星になったんだよ」という松平健さんの言葉に対し、毎朝お仏壇に手を合わせるようになったそうです。

自分に対し、一生懸命向き合ってくれるお父さんに対し、子供ながらに何か感じていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次